★AdobeStock_295509361.jpeg

課題.png

マーケティングコストを削減しながら固定客化を促進することが課題

専門サービスI社様が取り扱う商品・サービスは、購買・利用サイクルが非常に長いため、多くの顧客は数年に1~2回の来店に留まってしまいます。競争環境も激しいため、既存顧客を競合に奪われることなく、確実に再来店を促し、固定客となってもらうことが極めて重要な取り組みテーマになっていました。これまで、ハガキやDMを用いたマスコミュニケーションにより再来店を促進していましたが、必要となるマーケティング費用に対して来店促進の効果が限定的になっていました。そのため、費用を抑えならがパーソナルコミュニケーションを図っていくことで効率的に固定客化を図っていくことが課題になっていました。

,

ブライアリーの支援アプローチ.png

デジタルチャネルの構築とパーソナルコミュニケーションの実践

ブライアリーは、利用者インタビューや購買データ分析から得たカスタマーインサイトを踏まえて、CRM戦略および顧客育成シナリオを設計。デジタルチャネルを活用することで費用を抑えながらも顧客一人一人の状況に合わせたCRMコミュニケーションを実践していく支援を実施しました。

具体的には、最終来店日からの経過期間や商品の利用サイクルを踏まえた最適なタイミングでのオファーの実施、インセンティブの段階的な変化による再来店促進など、顧客の状況に応じたCMRコミュニケーションの設計を実施。また、コスト削減を実現するために、Eメール活用やスマホアプリの開発の支援も実施しました。

Eメールやスマホアプリを通したパーソナルコミュニケーションの効果検証を行いながら、全面展開をしていくことで、マーケティング費用削減と固定客化促進の実現に貢献しました。

,

 関連ソリューション・サービス  CX・ロイヤリティ向上支援サービスoiyaritlei

     お問い合わせ      お問い合わせはこちら