当社の企業風土

  • 企業風土こそ、競争力の源泉

    長年にわたり蓄積されてきたプロフェッショナルなスキルとノウハウ、数多くの実績が当社の特徴ですが、当社の企業風土も同様に特徴的です。その企業風土とは、「クライアントと喜びを分かち合う」、「地域社会に還元する」、「心とからだにゆとりをもって業務にあたる」という原則を基礎としています。ときに仕事そのものだけではなく、当社をきわめてユニークな存在にしてくれているプロジェクトチームやクライアントのさまざまな活動にフォーカスすることで、革新的であり続けることができるのだと信じています。

  • 信念に基づいて

    すべてのリレーションシップマネジメントの強化

    当社では、ありとあらゆるステークホルダーとの関係を、常に最大限活かせるよう努めています。その関係は当社と従業員、チームメンバー、当社チームとクライアント、取引先、クライアントとクライアントの顧客など多岐にわたります。どの関係であっても、それらを強化する方法を常に模索しています。これは、当社による数々のイベントやアクティビティによく表れています。

    image contains two people high-fiving over laptop
  • 私たちのコアバリュー

    • b 本物であること(b-authentic)

    • b 品格を保つこと(b-honorable)

    • b 信頼されるアドバイザーであること(b-a trusted advisor)

    • b 関係を重視すること(b-relationship focused)

    • b 説明責任を引き受けること(b-accountable)

    • b 信頼できること(b-trustworthy)

    • b 革新的であること(b-innovative)

    • b 打ち込むこと(b-involved)

  • ボランティア・慈善活動

    当社にとって特に強い思い入れのある関係に、地域社会との関わりがあります。当社は地域社会の一員の企業として、常日頃から感じている恩義を、楽しく、かつインパクトのある慈善活動を通してお返しするように努めています。いつでも、ブライアリーチームのメンバーの誰かがMinnie’s Food Pantry(食料援助団体)で働いていたり、Toys For Tots(子どもたちへの玩具提供団体)でボランティアをしていたり、企業協賛のMake a Wish(命にかかわる病気を抱える子供たちを支援する団体)に寄付をしたりしています。

  • 楽しむことの大切さ

    多くの企業が、ただただ業績向上にばかり目を奪われ、単純に楽しむことの大切さを見逃してしまっているのではないでしょうか。当社は、働くチームメンバーたちが「楽しむ」ことを決して忘れないよう、日々策を講じています。例えば、シンコ・デ・マヨ(5月5日のメキシコの祭り)の際には、多数のソンブレロ(メキシコでよくみられるつばが広い帽子)やマルガリータ(テキーラベースのカクテル)が当社オフィスの至るところに見られます。また、大規模なスポーツイベントの日が、会社主催の観戦パーティなしに終わることはありません。 ビジネスを健全に保つ鍵は、折に触れ、ビジネスからの休憩をチームに取らせることです。当社の社員は皆仕事熱心ですが、楽しむことを奨励する環境によりバランスを見出すことができています。

  • 祝うことの大切さ

    当社は、クライアントと当社プロジェクトチームで祝福を分かち合うことに喜びを感じています。 経営マイルストーンの達成、チーム発足の記念日、新しいプログラムのスタート、クライアントの創立記念日、新入社員の歓迎など、当社はそれらが敬意に値すること、そして敬意を払うことを忘れません。いつもと変わらない日でさえ、フリースナックとソフトドリンクで日々祝う対象になるのです。

  • たくさんのカンパニー・イベント

    ロイヤリティ事業では、ステークホルダーが喜ぶイベントの実施が優良顧客の育成と離反防止にとってきわめて重要な要素となります。同じことが健全な企業風土の醸成にも言えます。 そのため、ブライアリーチームのメンバーであるということは、会社が企画する数々のイベントすべてにオフィシャルに招待されているということになります。毎年開催の真剣なゴルフコンペ、当社協賛のスポーツチームや一連のスポーツイベント、チケットの割引購入ができるイベント、毎年行うAmazing Race(仮装して行うオリエンテーリングゲーム)などは、ほんの一部に過ぎません。

  • ミッションと企業風土

    「クライアント企業の顧客との関係構築・強化を通して、利益拡大を実現する」 (Making our clients' customer relationships dramatically more profitable.) 当社が実践するミッションステートメントについては、当社のサービスや製品、パートナーシップが明確に体現していますが、そのミッションは当社の企業風土にも浸透しています。具体的には、ブライアリーチームとクライアントとのやりとりにそれが表れています。当社ではそれぞれのパートナーシップをきわめて誇りに思っており、当社のCRMアプローチは業界随一であると強く自負しています。

  • 関係を豊かに

    現在、あまりに多くの企業が伝統的な、真面目一辺倒のCRMアプローチに徹しています。 当社は、ちょっとした遊び心がパートナーとの関係を豊かにしてくれると考えています。 時間を作ってクライアントとコンサートに行く、業界のトレードショーの準備をお手伝いする、クライアントの本社で企業風土を感じ取る、クライアントの製品やサービスをテーマに仕事をする日を作ってみるなどの施策を実施しています。このように、個人レベルでふれあう有意義な関係をクライアントと築くことで、クライアントのニーズを最も明確に把握することができるのです。当社はそうして得られた理解を念頭に、クライアントがステークホルダーと築く関係をきわめて有益な方向に強化していきます。

  • 「顧客」になって考える

    クライアント企業の顧客行動について話を聞き、リサーチをすることと、顧客の身になって一日を過ごすことはまったく別です。当社は、実際に顧客となって初めていろいろなことが見えてくると考えています。それを経験するため、また当社クライアントとその顧客との関係に価値を付加するために、当社は「クライアントのクライアント」の人生の一日を、事実上メソッドアクティング(演ずる役柄になりきる演技手法の一つ)で過ごすことに多くの時間を費やします。そうすることによって顧客としての知識や、当社の戦略的意思決定に影響する、さらなる有益なインサイトを得られるため、当社にとって楽しい経験となるのです。

  • クライアント企業と共に栄える

    当社では、当然ながら祝うべき対象は当社の勝利だけではないと考えています。パートナーシップに取り組んでいくことは、貴社にとっての成功がどのような意味があるのかを理解し、その成功を貴社と共に祝福することを意味すると信じています。クライアントとの合同チームのランチを楽しむことでも祝杯のビールの缶を開けることでも、貴社の成功をお祝いする準備は常にできておりますす。

ご興味をお持ちいただけましたら 当社にご連絡ください

採用情報を見る

当社の「ロイヤリティエキスパートチーム」はクライアントのため献身的に務め、またそれを心から楽しんでいます。

a Division of Nomura Research Institute
ダラス - グローバル本部
5465 Legacy Drive Suite 300 Plano, TX 75024
214.760.8700

Brierley+Partners Named a Leader in Loyalty

The Forrester Wave™: Customer Loyalty Solutions, Q3 2017

こちらよりレポートをご覧いただけます